本文へ移動

会社沿革

沿革

1966年
森下茂商店 創業。
1973年
森下機械販売株式会社を設立。森下史郎が代表取締役となる。
1976年
ウグランマシン(オガ粉製造機)の開発に着手。
1981年
団粒構造を有するオガ粉製造機「ウグランマシン ニューシグマ」が完成。
1985年
森下機械株式会社に商号を変更する。
1994年
ウグランマシンの大型機械「110型・132型・160型・200型」の開発に成功。
1996年
きのこの短期栽培技術により、中小企業創造法の認定企業となる。
2002年
中小企業経営革新支援法の承認を受ける(和歌山県243号)。
和歌山県森林組合連合会において、バイオウグランが間伐材マークの認定を受ける。
2003年
バイオウグランが、和歌山県リサイクル製品に認定される。
2014年
森下富夫が代表取締役に就任。
2016年
創業50周年を迎える。
2018年
和歌山県産業表彰制度事業「1社1元気技術」(平成29年度第2回目)企業に登録。
現在に至る。
TOPへ戻る